□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

アーデス・ベイ

Author:アーデス・ベイ
MMORPG"Cabal" MARSサーバーで遊ぶオッサンの雑記帳デス。選択したゲーム内職業は「フォースブレーダー(FB)」全般的な性能は並。各職とちがってデバフの追加効果付き攻撃が多いものの・・・○○性能に特化とか、あんまり無い気がwまぁ~人間クサイですね^^

だが、そこがイイ!

アナログFlash時計26(アクアブルー)







最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
少々、PTハント主体の別ゲーの話をば・・・w
職性能のしっかり差別化されたPTハントについて

<PTハントでの職性能別の役割分担>

PTハントを前提として仕様化されたゲームにおける、種族別、あるいは職別の性能が、明確に
具現化されているゲームにおいては、仕様目的通りのPTハントにおける各職の役割をそつなく
こなすことによって、多少Lvオーバー気味なMOBのいる狩場でも安定したPTハントが可能と
なります。

まずは代表的な職性能に応じた役割について書いていきます。
●タンカー = 硬い人。ヘイト(*1)なんかが使えればもっと◎。

 *1=ヘイトスキル。MOBの攻撃欲求を刺激し、MOBの攻撃をPTM(パーティーメンバー)ではなく、
  自分に向けさせるスキル。

●アタッカー = ダメージディーラーなんて言い方もあるけど、要するに、攻撃力が強い人。
           継続的に高いダメージをMOBに対して与える。

●バッファー = バフ専門。特に各種バフを有し、特化した職。

●ヒーラー   = ヒールする人。

       単純に分けると、こうなると思います。

更に具体的かつ理想のPTハントにおける役割分担が以下です。

●プラー = 引き役。弓職、魔法職などの長射程攻撃が可能な職。あるいは、移動速度の
        速い職や種族。

●タンカー = ヘイト使い。MOBのヘイト管理の出来る人。ナイトやね^^
         (FA(ファーストアタック)でヘイト値を稼ぎ、MOBのターゲットを取ることも)

●TL = ターゲットリーダー。プラー、又はタンカーが引いてきたMOBが複数である場合に、
      どれから倒すかを決める役。PTMは、このTLをクリックしてターゲットされたMOB確認。
      アシスト攻撃する。これにより以下の効果が期待できる。

  ①ヘイトスキル+殴りでMOBのヘイト値を増幅させ、攻撃を自分に向けようとしている
   タンカー役と、PTM全員が同じMOBを叩くことでタゲ跳ねが少ない。

  ②タゲ跳ねが無い分、ヒーラーによるPTMのHP管理が容易になり(ヒール対象が
   タンカー役に対してだけで済む)、ヒーラーのヒールMP温存、タゲ跳ねを戻す為
   のタンカーのヘイトMP温存にまで繋がる。

  ③大量にリンクした場合で、1vs1でのMOB殲滅が困難は狩場では、確実に1匹
   すつ倒すことにより、被ダメも比例して減少する。

●バッファー = PT全体の能力値を向上させる役割にMPを使用。戦闘時はアタッカーも兼ねる
         ことも。再度PTMにバフをかけ直す(ReBuff)までにバフに必要な自分のMPを
         回復させておくことも重要な役割。

●ヒーラー = PTMのHP管理を主におこなう為、唯一、戦闘に参加しないでも怒られない職?w
         聖属性魔法を有している場合が多く、アンデット系MOBの多い狩場では、火力と
         してもその存在が活きてくる。





<TLの重要さ加減>

■TL(ターゲットリーダー)誕生の背景?  (文章長っwww)

 タンクであるナイトは、その性質上、戦闘時タゲをころころ変えることある。(タゲ跳ねしたMOBや、
MOB殴り中に別のMOBがPTに接近してきた場合のタゲ取り)
これが、アタッカーが別々のMOBを叩いてしまうことで・・・

①MOBのタゲが分散
②MOB殲滅にかかる時間の増加
③複数のPTMにヒールの必要性
④ヒーラーのMP不足、あるいは連続したヒール詠唱によりヒーラー自身にMOBのヘイト値が
 流れてしまいタゲ跳ね
⑤PT全滅

っとまぁ、読んでるだけでもヤバそうですよねw
そこで、「PT全体のタゲを集中させるため、この人をアシストしましょう」ということになった。
これが、リンク時や PTMobの処理などに非常に有用であることが認知された(されつつある)。
このアシストされる人が現在TL等と呼ばれる役となる。


■基本
1.アシストされる人(以後TL)は、アタッカー(F職)から選ばれる。一番最後
  にPTに勧誘し、PTMリストの一番下にする。>アシスト操作を容易にする工夫
2.通常(対1Mob時)は、TLはタンクがFAしたMobを攻撃する。基本的に一度選んだMOB
  を倒しきるまではタゲ変え厳禁。
3.リンク時は、FAされたMobから処理し、次に処理する(リンクした)Mobを決め、攻撃を開始
  する。 また、タンクが優先的に処理したほうがいいMobを間違えてる場合、優先的に 処理
  するMobにタゲを変えることもある。この2点についてはあらかじめPTMで狩場に適した殲滅
  順序を相談したほうが望ましい。
4.PTMobの場合、そのPTMobの性質に応じて、TLがどのMobから処理するか決める。
  ただし、処理開始は基本的にはタンクがFA後である点に注意されたい。
  >PT型MOBの場合で、MOB同士で親子関係がある場合、システム的なヘイト値計算は
   親を攻撃=子にヘイト値が加算。子を攻撃=親にヘイト値が加算される仕様設定が多い。
5.PTMは、TLにタゲをあわせ攻撃を一点に集中させる。

■俺のTLの心がけ
ファーストアタック(FA)役通常はタンカー職がヘイトや殴りでおこなったりプラー(引き役)が
引いてきたMOBをタンカーがヘイトでターゲットを自分に向けたりした後、アシスト(ターゲット
リーダー:TL)役が、PT全体の集中攻撃目標を選定して全員で叩く。

大量にMOBがリンクした場合、1秒でも早く周囲に群がるMOBを殲滅する為に、PT全体の
攻撃目標を”正確かつ迅速”に選定、叩きまくらなければならない。
リンクしたMOBが少々の間隔をあけて、スタンやスリープなり行動阻害スキルで抑えられている
場合などは特に問題ではないが、PTM、MOBが名称が重なりあってる状態で少々のPTMの
移動で、ターゲッティングミスを犯しそうな場合は、「次のターゲット」アイコンを用いてのターゲッ
ティングが有効となる。
殲滅のプライオリティーの高い「弓MOB」や「魔法攻撃MOB」がいる場合には、視点切り替えや
視点回転をおこなってこの長距離攻撃MOBに照準を合わせなくてはならないが、後衛職が充実
したPTでPTM、MOBが密集している場合には、長距離攻撃MOBの所まで移動して(つまりPT
全体を引き連れて)の殲滅は、次のリンクを誘発する可能性があるため、まずは周囲のMOBを
減らす事に重点を置くべきであろう。
TL職を経験した事のないヒトは理解出来ないかもしれないが、前述の意味では、TL職はFA役と
同様に、グルグルと視点を回して常に「次のターゲット」を探しています。ターゲットリーダーという
役割上、その点については途中でヘイトを撃つ為にターゲットを切り替えるタンカー職に引けを
とらないほど、忙しく、シビアかもしれません。
MOBがPOPしているにも関わらず、PTMを遊ばせておく時間を作らないよう、最大限の瞬間効率
を叩き出す為に・・・

「弓MOBを先におね~w」とか「魔法MOB優先で~^^;」とか言うヒトがいますが・・・

1秒でも早く他の種類のMOBがRepopすれば、TLはそこにターゲッティングします。
コミュニケーション優先のゲームですから、PTチャット、クランチャット等で対応が若干
遅れる場合を除き、TLは常に前述の事をふまえて狩場全体の状況も考慮に入れつつ
ターゲッティングしています。

よほど、後衛職のMPに問題ありだとかでない場合はFAやTLを信用して少々様子を
見てみるのもいいかもしれませんね。

当然のことながら、TL職も、ヘイト職やプラー職の”FA”があってこそ生かされます。ターゲットの
制御は出来ても、MOBのヘイト値までの制御は、例え高火力アタッカーであっても難しいですからね。


■俺のナイトの心がけ

ナイト職。一般的にはFA(ファーストアタック)職などと言われておりますが、私としては必ずしも
ナイト職=FAではありません。ナイト職=ヘイト管理。これに尽きると思います^^
もちろん、これは狩場によって異なりますね。狭いダンジョン系の狩場で、プラー(引き役)がMOBを
釣ってくる必要のない狩場ではナイト職はFAとしての役割を果たします。どれだけMOBに対して
自分に対する「ヘイト値」を蓄積させるかに係ってますね^^
ですから、ヘイト1発+誰よりも早く1発殴るw
ただし、比較的広い狩場やナイトでは大リンクを引き起こす可能性の高い狩場では、プラー(引き役)
の役割をこなせる職性能を有する方のほうが、本来もっとも向いているFA職であるといえます。
この引いてきたMOBにナイト職はヘイトをかますワケですね^^

ナイトは高い防御力と、範囲ヘイトのスキルを生かし、敵の攻撃を一身に引き受けます。自身よりも
先にヒーラーを死なせることは恥ですね><(経験アリ;;)。

手ごろな相手を1匹づつ、リンクさせないように攻撃するのは、最低限の事だと思いますし、この程度で
満足していては優秀なタンカーにはなれません。

①自分の立ち位置の調整
MOBは背後から攻撃することで、命中率やクリティカル率が飛躍的に上昇します。ナイト自身は、
常に攻撃の標的になっているので、敵と正面から向かい合うことになります。これを利用し、自分が
立ち位置を変えることで、他のメンバーのできるだけ多くが、敵の背後から殴るような位置に移動する
ワケですね^^。上手くやれるようになれば、殲滅スピードも向上します。

②周囲を見る癖をつける
攻撃を開始し、立ち位置を調整した後に、倒すまでぼーっとしているようではいけません。
弓職の方は自然に身に付くらしいけど、攻撃をしている間に周囲を見渡し、倒しきる直前には次の
目標をターゲットしておきます。
これは戦闘から戦闘への流れがスムーズになると同時に、周囲を常に見るようになるため、リンクの
予防にもなります。

③ヒーラー(メイジ)のMP管理
ヒーラーのMPの減り具合や、補助魔法のタイミングを覚えておきます。ヒーラーのMPがどんどん
減っていくのはペースが速いか狩場が適正ではない証です。逆に、ヒーラーのMPがバフがけ後、
すぐにMAXになるようであれば余裕がありすぎます。
パーティ全体の消耗速度を見て、リンクしないのを選んで倒すか、ガンガン乱獲するか決めましょう。
補助魔法時には、ヒーラーに莫大なヘイトが向かい、大量のMPが消費されます。狩りペースの
組み立てには、この補助魔法でのMP消耗量も計算に入れる必要があります。
優秀なヒーラーであればあるほど、リンクにはターゲットチェンジのようなスキルで対処してくれます。
そうしたMOBはあえて殴りにいかず、PT全体の立ち位置を確保すると同時に、ヘイトを入れて
おきましょう。放置していると反転してきた後に、ヒーラーに向かってしまいます。

ってなワケで頭で思ってる事と、実際やってみるのでは大違いw
ヒーラーの負担を減らすことのできる優秀なタンカーは、当然PTに誘われやすくもなります。
殴っているだけでも十分ではありますが、より上を目指してがんばらねばってことですね^^


<FAの役割と、ナイトの価値背景について>

FA(ファーストアタック第一攻撃者)ということでこんな略になってますが、なぜFAが一番初め
に役として認知されたかというと、ヘイト値が設定されているゲームでは第一攻撃者であるという
こと自体にヘイトが設定されているからです。つまり最も敵の攻撃にさらされ易いことからFA=
避けられる人(回避ステータス数値の高い人)か、硬い人(防御力ステータス数値の高い人)=
短剣、ウォリ&ナイトとなったわけですが、イースではFAしたからといって特別なヘイト値がなく、
後から他のPCがヘイト上昇をすればタゲが比較的簡単にFAから離れる為、単にPuller(引っ張る人)
と呼ばれることにもなります。FAのヘイト値プラス、その後の攻撃によって仮に短剣職がFAをした
場合。強烈にタゲが固定されることになります。(短剣職=高回避、高火力)
せっかくゲーム仕様の後押しで、後衛が安全に狩をするためにはナイトを入れたほうがよいという
ことになりましたが短剣FAの場合、ナイトのスキルでのヘイト値上昇では短剣からタゲを奪えず
そのまま殺したほうが早いという風潮も多少あるかと思います。ですが一部でナイトに よるヘイト
FAによってナイトがタゲを固定すれば暫く持つこと、またその防御力 が生かされる為ナイトFA
時代に突入。
このころからFA=ナイト=ヘイトを打つ人という構図が生まれ一部で誤解を招く結果となっています。
Pullerの本来的な役割は単に敵を連れてくること、またつれてくるの数や種類を選択することです
ので、移動速度が速く、回避数値も高い、MOBのタゲをスイッチさせるスキル保有職などが、本来
もっとも向いている職であるといえます。こうしてつれて来た敵をヘイトスキルで奪い、高い防御力や
多いHPを生かして耐える職がタンカーなんですが、実際はFAという用語がPullerとタンカーを
差すことになっています。

FAにヘイト値があるのはおそらくウォーリアー等の高防御、高火力職に居場所を与えるためと
思っています。HPが多くても生かす場所がないからです。たまに野良で、ウォリがPullerでナイトが
Tankerというのを見ますが、存外うまくいくものです。
FA時にナイトが後衛から離れないため沸きの早い場所では安全かも知れません。
このような設定ができるとき、FA=TLという図式が成り立つことになります。
狩場までの戦いや部屋にMOBが沸きまくっているときの占拠戦であれば安全性を
優先してこのようなやり方をするといいかもしれません。
注)ウォリへのヒールは戦闘後が基本になります(ヘイトスキルが無い為、ヒーラーにタゲ跳ねします)。
自然回復が望ましいですが。

<”ヘイト”について>

MOBに対して何らかの有害な行動を行うとヘイトと言われる数値が変動する。
このヘイトが最も高い人が打撃での攻撃対象に選ばれ、魔法攻撃やスキル攻撃は
射程距離内で遠くに居る人から優先的に狙われる(かなぁ?w)。
ヘイト値の正確な数値は不明だが、最初に攻撃した人のヘイトを100として、大まか
に分けると以下のようになる。

1000 リザレクションスキル(蘇生)
600  バフ系スキル、グループ(PT)ヒール
350  早い詠唱のヒール
300  アクティブモンスターの感知範囲に接近
250  物理攻撃スキル
150  ヒール
100  ファーストアタック
60   クリティカルヒット(単純な通常攻撃の2倍分よりも多い)
20   通常攻撃(ダメージ量による)
攻撃などのヘイトは、対象以外の同族モンスターにも対象の半分程度のヘイトがある。
例えば、A B C の同族の3匹を同時に殴った場合、Aには叩いた分のヘイトが加算され、
さらに同族のBCを叩いた分のヘイトが加算される。
これがBとCにも適用されるので、この場合の槍攻撃は3匹全てに通常の2倍のヘイトが
加算される計算になる。
このため、槍などで同種のモンスターを同時に叩くと、槍の使用者に対して爆発的に
ヘイトが高まる。

同族の他にPT系モンスターが存在する。
このタイプのモンスターは常に数匹でまとまって行動し、1匹に攻撃すると全部が向かっ
てくる。
PT系モンスターにはリーダー的モンスターが設定されており、リーダーを攻撃すると
取り巻きの、取り巻きを攻撃するとリーダーのヘイトが大幅に上昇する。







つ・・・疲れたwwww

文章長っwwwww

しかも字~ばっかで 読みにくっwww



しかもカバルに関係ない事を長々と・・・
いやさ^^; カバルもせっかくFSにヘイトスキルっぽいのが実装されたのに、使い勝手がな・・・^^;
もうちょっとPTハントでの役割分担ってか、各職の特化スキルを強化してもらいたいし、PTハントに
便利なアシスト機能とか・・・ ねぇ^^; 纏め狩り基本のお祭り狩りばっかじゃ、PTスキルも身に付き
ませんやん・・・・

両方、楽しめたらベストだけどさっ^^





まじ、サーセン・・・・www
スポンサーサイト
2009.05.22(Fri)  その他COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。