□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

アーデス・ベイ

Author:アーデス・ベイ
MMORPG"Cabal" MARSサーバーで遊ぶオッサンの雑記帳デス。選択したゲーム内職業は「フォースブレーダー(FB)」全般的な性能は並。各職とちがってデバフの追加効果付き攻撃が多いものの・・・○○性能に特化とか、あんまり無い気がwまぁ~人間クサイですね^^

だが、そこがイイ!

アナログFlash時計26(アクアブルー)







最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
統率と組織>連合PTシステム
100vs100戦争、合計でも200人程度の戦争ですが、寄せ集めの烏合の集で戦争を勝つことは
実質的に、運任せでしかありえないと思います。

特に組織化されたPT群からの情報を元にして、戦況を把握、明確な指示を出す総指揮を務める
人材も必要となります。

賛否評論あるかと思いますが、やってみる前から「出来ない」と諦めていては、そこで試合終了です。

戦略Map


①ロビー進入後、14人のPTLを決めて等間隔に整列してもらう。

②そのPTLに各職の役割を考慮した職ごとに整列。PT編成をおこなう。(ギルド単位でもおk)

③指揮者は各PTの動きを各PTL指示。PTLは、PTMに自PTの行動を伝達。

④ワールド進入後、各PTとも即座に行動開始。

⑤各PTは仕事を迅速にこなし、PTLは状況を総指揮に伝達。

⑥総指揮は、戦況に応じて1~2PTを応援の必要な箇所に派遣の指示を出す。

別ゲーですが、戦争の際の組織化された指揮伝達はこういった感じでした。

数多くの作戦、数多くの進行ルートの組み合わせがある中、こういった定石的な

戦略についての話し合いの場、雰囲気が欲しいものです。

もちろん、各職の性能に応じた個々の役割や動き、FT破壊、および建設の作戦、

AODしてるFSは無視する、単独進入するPCにかまわない等、注意点は山積してると

思いますが、声を出し合って進軍する一体感があればこそ、安定した勝利に繋がると

信じてます。
スポンサーサイト
2008.08.12(Tue)  100vs100COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

攻めも良いですが、維持が不可能な場合は意固地に戦力を投入せずにあえて拠点を放棄して全体的な戦線を揃えるという、判断も個人的には欲しいところです。
どんな世界でも補給線(物資とか兵員を運ぶルート)が伸び過ぎ、ルートを遮断されて後退も進軍も出来なくなった部隊がどのような結末を辿るかは共通とも言えますから^^;

・・・問題はどうやって周知するか、ですね^^;
牙を抜かれた獣の王 2008.08.14(木) 08:22 URL [編集]


そうなんですよね・・・
相手は機械じゃなく人間。指揮にしたって、「○○方面に進軍して下さい」と
言った手前、退路側や別ルートからの敵軍進行が発覚しても対応する発言が
出来なかったり。
開幕~序盤でのAF、OF等の拠点の要塞化などは、はっきり言って
デメリットしか無いと思います。要塞化なんてのは、素早く進軍させ、
敵軍の侵攻ルートを潰した後で、時間をかけてやればいいことで
序盤のソレは敵に一息つかせるタイミングを与えるだけです。

1つの戦術&攻略ルートに固執することは、敵に「こっちの頭は単純ですよ」と
教えてるのと同じ。
だからこそ柔軟な対応と、様々なケースに応じた戦術プランが必要だと
言えます。
仕様的にも、いくつもの攻略ルートを生み出せる、様々な地形が用意
されてるんで^^

指示者>参謀3名>PTL14~5人>PT14~5組>PTM。
全てのカペラの仲間の協力無しでは安定した勝利は不可能ですし、
スカっとした”達成感”は到底味わえないと思います。

ヒーローは要らない。個々が与えられた任務を完璧にこなし、成果が
PTの成果となって、カペラ軍全体の勝利に繋がった時の皆のLチャでの
歓喜の叫び。聞いてみたいですよね!^^


>作戦の周知
①周知する側
周知する具体的な戦術については当日のロビーでのLチャでもいいと
思います。
ただし、それをする為の環境作りは、公式掲示板での呼びかけや、頻繁な
毎回の戦争前のLチャしか無いと思います。1人が2人。2人が3人。
戦術内容については、正解なんてありはしないんで、賛否両論あるのは
当たり前。
大切なのは、その一つ一つをカペラ全員で「やってみる」といった空気
作りです。納得、不納得などといった結果は、後からついてきます。

②周知される側
”聞く耳”を持たなければ、最初から限界。烏合の衆です。
戦術うんぬん、指揮官うんぬんの前に、問題なのは”聞く側の姿勢”です。
こっちのが問題ですやね^^;
個人的な文句、指揮のミスをいちいち指摘するチカラがあれば、それを
全軍がよい方向に向かうチカラに役立ててみたらどうだろうと思うんです。
敵味方、双方合計200人全ての動きを、画面で見られるワケじゃないので
個々の状況報告は重要な意味を持ちますが、それをスルーするか、全体の
戦力バランスや攻略の優先順位を考慮した上で応援を派遣するかを決定
してるヒトの身にもなってみる事も忘れてはいけないですよね。
(行動として反応するかは別としても、了解等の一言は欲しいですけどね^^;)
べい 2008.08.14(木) 10:10 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。